20120228

PONTE VECCHIO ポンテベッキオ 北浜



金属製ボールからは、冷気で冷えた水蒸気がワサワサと出ている。
さて、何を作っているかと言えば・・・






生搾りのオレンジ果汁に液体窒素を流し込み、一瞬でフワフワのシャーベットを作るエンターテインメント。 単なる口直し用のシャーベットでここまでやる。  特別な日用にこの演出を行うのではなく、年中液体窒素を店に備えていると言うのですよ。 



客を感動させることだけを考えていると連想させる1つの例だけど、生ハムをくれと言えばホセリートのベジョータが出てくるし、グラスで赤を頼めばトレヴィッキエーリのヴィラジェンマが出て来た。 そして、お任せを注文していれば、何も言わずとも過去のメニューとかぶらない様にメニューを構成してくれる (過去に食べたものが記録されている様な) もちろんすべての皿にも感動のあらし。



料理はもちろんすばらしいのだけれど、店内の家具、照明、食器に至るまでデザインすべて特注。ここはオーナーシェフの山根氏の 『これ俺の世界』 をガンガン投げつけられる気がして真剣に飯を食うことになる。  季節季節の食材の豊富さは目を見張るばかりだし、ワインもすばらしいものが揃っている。 でも、値段を見ればこのPONTE VECCHIOのフラッグシップを成り立たせる為に他のディフュージョン店舗を営業しているのだと想像できる採算度外視ぶりで、ここだけでは絶対成り立たないんじゃないかなー。 
ここまで高次元に質も量もCPも達成している店を知りません。
 


P.S. 他のディフュージョン店で本店と同じようなメニューを注文しても似て非なるものが出てきてそれどうなん?
 
________________________________

0 件のコメント:

コメントを投稿