20141231

北の味覚















 














北の味覚多くあれど、シャコがこれほど旨いと思ったことなかった。
冬の小樽のシャコが有名だったなんて知らなんだ。 2014年まで・・・
 
 

_________________________ 

20141228

金 大 亭


 
創業1880年。 明治政府が北海道開拓使を札幌に置いたのが1869年であるから、北海道に出来た飲食店でも最も古くから営業し続けている店の一つに違いない。 京都や鎌倉など歴史ある街なら古い店にも驚きはしないがここは古い歴史のない北海道。 長い木塀は料亭然としているし、建物の一部は創業当時からのものでその姿からしていかにも迫力がある。 しかも、石狩という冬にはブリザードが吹き荒ぶ寂しい地区にあって、よりその凄さが目立っていた。 

 
 

 
  

 
 


 

 
 


この店は鮭づくし。 
創業当時から店主は女性で、今も4代目の女将が切り盛りされている(客は私達のみだった・・)。

 
また、この歳になってはじめての食材に出会えた。 鮭の白子。 焼き過ぎでカチンコだったのがアレだけど白子のあちらがイクラという組み合わせもいい。(川の中でメスが産んだ卵に精子をぶっ掛けて受精するのですから) 
 
 
 

 
 

 
色んな料理が出てきたけど、なんといっても〆の元祖石狩鍋。 
甘めの味噌に野菜の甘味、そして山椒の香りが効いていて美味しい石狩鍋。
 
  

正直言うと、北海道に来るにあたってこの店をググって今だに存在していることにホッとした。 まだバブルの余韻残る頃は、店も相当繁盛していて値段も割と高めだったように記憶する。 それが今や、数々の料理(ルイベ、なます、焼き鮭、イクラ、白子焼き、石狩鍋、飯)ついて僅か3000円(税、サ込み)  そう、アベノミクスとか言ってるが地方経済はまだ冷えきったままである。 
 

歴史、雰囲気含め無くなってほしくない店。

 
 
____________________  

20141225

Schanze にて

  
 
札幌大通を走ると真西の大倉山に見える大倉山シャンツェ。
1972年の札幌オリンピック ラージヒルジャンプ台である




  
 
  
 
 
  
 
 

 
登ってはじめて知ったこと。
それはスタート地点からの滑走区間の斜度より、着地地点の斜度のほうが勾配がきついこと。
  
  
  

 
よく、ジャンプ台スタート地点から滑走区間を見ると 「転げ落ちる様」 と言うけど、この地点から見ても着地地点の斜面は見えない。 それだけ着地地点の斜度の方が急だと分かる。 


 
そりゃそうですね。 考えてみれば水平方向速度は落ちるばかりのところには鉛直方向にはほぼ自由落下に近い加速度で降下していきますから。 この斜面の角度に近い角度で降りればより安全に降りられる様に設計されているんですね。 逆に言うと、飛距離が長くなれば長くなるほど最後の水平部のフィニッシュ地点に近くなり着地地点の斜度は緩くなる。 飛べるジャンパーは垂直方向の衝撃がよりきつくなって危険度が増すというわけです。
 
 

 
「で?」 って言わないで 
 
 
________________________

20141222

富 士



最近ロシアルーブルの下落が激しくて半年で対ベースで半額になったと騒がれている。 それをいうなら、先進国の位置で突っ走っていた筈の日本だってこの2年で80円から120円と5割も急落しとる。 円を刷り散らかし人為的に円の価値を毀損したおかげで、一人あたりのGDPは台湾にも負け、実質実効為替レートはこの40年で最低になっている。  

  

まあ、そんな日本大安売りのお蔭でアジア系、インド系、西洋系など混載した観光バスからドヤドヤと降りてもくるし、最近めぼしい観光地に行くと外国人旅行客の姿が半端なく多い。 日本を代表する山、富士山の回りでもこのように。




 
  


アベノミクスには反対だが、御殿場で寄るのはここ。
安倍とやらの爺さんである岸信介の元別荘跡に立つ ”とらや”
こんな別荘を持つ元首相の孫がまた総理になり庶民の生活なぞ分かる筈無しと思いながら庭を眺めてすするお汁粉の旨いこと。 そう、 お汁粉には罪はない。

 
 







 
 

 
 

 
 

  
須走口から籠坂峠を超えて富士山の南側に回ってきた。
一番上写真、富士山南斜面の雪はすっかり溶けて山肌がでていたけれど、東から北の斜面は富士山らしく冠雪。  河口湖あたりは日差しでポカポカだけれど頂上付近を引き寄せてみれば荒々しい富士の姿も見える。 
 
 





 
山梨名物は、馬刺し、ほうとう
ほうとう不動の本店に行ってみたら河口湖駅前と同じ店とは思えないほど美味しかった。

寒かったから美味しく感じた係数を差し引いてもである。 
馬刺しの方も見ての通り。
 




 

 
冬は山中湖付近ではダイヤモンド富士が見られる。
標高が高いだけにその時間は早く午後3 20分。 勇んでその時間を待ったが、そんな時に限って雲が湧いてきやがる。
 
 
でも、その後が良かった。 薄雲に影絵のように映る富士の姿。
いつもながら富士は色んな姿を見せてくれる。




 
__________________________

20141218

奥多摩の手前


 
多摩川のほとりでパンを食べてマッタリし過ぎたこともあった。 奥多摩の入口のまで来て、ふとこれから1000m も登るんかなあ?とメンタリティー的にも後ろを向いている自分にも気付いていた。 そんな時はと他に目を向ければ、奥多摩まで行かずとも紅葉の名所広徳寺などというのもある。
 
  
  
  
   
 
  
   
 
   
  
  
  
 
    
   
 
広徳寺の紅葉は実に見事であった。 
車以外では来れそうにもない不便さというのも手伝って人が余りいないのもいい。 と、この先どうしようかなあと広徳寺から檜原街道に戻った真正面には悪いことに松村精肉店がある。 まんまと秋川牛メンチカツの罠にハマった。 

  
 
  
   
 

 
メンチカツは実にアブラギッシュであった。 そんな罪悪感からちょっとは山に近づこうという気が芽生えていた。 いや、とは言っても檜原村役場のT 字路で左に曲がる感じもしなかった。 私はワンツーで右折し久しぶりの豆腐屋の方向に向かっていた。 なぜならメンチの油をさっぱりとした豆腐にポン酢で払拭したい気がしたからである。 と言いながら揚げ物であるオカラドーナッツももれなく購買した。 
   






 
やっぱり弱い。 かと言ってそのまま帰ると負けた気がするので払沢の滝まで腹ごなしに歩いた。 往復30分。 行きしには見事にスルーできたのに「檜原こんにゃく、最後の一本ですよ」の声に復路で反応してしまった。 ほぼノーカロリーという言い訳を心のなかで反芻しながら。 
 
  
 
  
 
  

 
日も傾いてきて気温が急に下がってきた。 踵を返すそんな時に瀬音の湯。 などと考えて来たのだけど、そこに向かう道の時点で駐車場待ちの渋滞ができており混んでいることは明らかだった。 案の定無料足湯を見れば突っ込まれまくる足の雑菌と次亜塩素酸カルシウムの戦いは明白で、そそくさとその場を立ち去った。  
 
   
 
  
 
  
   
 
  

 
この時4 時。 ちょっと小腹が減って竹庵のおやきを買おうと立ち寄ったその隙に付け入るように今の時間ならお席ご用意できますの言葉。 炭火の暖かさ、脂が落ちて火柱が上がらぬよう傾斜をつけた焼網など実によく考えられている。 只のセルフ炭焼きなのでCPはあれですが実にほっこり出来る場所。 

奥多摩手前の心拍低めなサイクリング
 
 
 
________________________