20130530

TRP HY-RD


 
TRP HY-RD このワイアー x ハイドロのハイブリッドディスクブレーキいいですね。
以前コラムのハンドル下に装着しワイヤーの引きをハイドロに変換するTRPからParadox なる装置が出てましたけど、タンクをキャリパーに抱かせる手があったかと間から鱗が落ちる思いです。
 
 
 
現在、シクロクロスはワイヤー引きのAvid BB7 ディスクブレーキを使っているのですが、不満がないわけではありません。 それは効きではなくてパッドとローターのクリアランスの問題。 特に長い距離を下った後など、ローターにパッドが引きずる現象が起きる。 熱の問題なのか? 時間が経つと直っているようなこと。 
 

 
そこで油圧ならセルフセンタリングデュアルパッドでクリアランスの問題は解決されること請け合い。
何よりもいいのは、油圧対応のSTIレバーを用意する必要もなくキャリパーボトルオンで油圧キャリパー化できるし、デザイン的にもAvid BB7 よりずっとスマート。 場合によってはロードバイクのフォークをディスク用に換えフロントのみディスクもありだと思います。 ワイヤーによるフリクション、アウターケースの圧縮などフル油圧のダイレクト感には及ばないのでしょうけど、今までAvid BB7 を使っていたわけですからそこは不問です。
 
 
 
_________________________

20130527

金沢八景辺り


 
まったりと三浦方面に歩を進める時には、ゆったりと8時ころ家を出ます。 
まあそうすると、横浜あたりで小腹が空いてきて、更に湾岸線をひた走り金沢八景あたりで空腹マックスになるわけです。  時はちょうど10時頃。そうです。おやつの時間なのです。
 
 

いつもこの辺りで、良いスイーツ屋がないかと思いつつも近くの柴漁港で穴子丼を食べてみたりして、結局昼ごはんにはお腹がすかないとか中途半端になってました。  と、まじめに甘味処をググって出てきた Au Petit Matin なる店。  ロケーションは山に囲まれていて辿り着けそうで辿りつけない陸の孤島的な場所にある。 そんな場所ですから当然なのですが、駅前の雰囲気とはまるで違うゆったりと落ち着いた雰囲気。  ラムシロップ麗しいサバランもおいしゅううございます。
  
 
 

 
そしてそのパティスリーで感じ入ったのがこちら。 珈琲の氷。
上野あたりの老舗の純喫茶では珈琲が薄まらないようにとこういった気の効いた冷コーを出す店がありますが、本格的なパティスリーでこれは産まれて初めて。
 
 
ちょっとしたおやつ休憩のつもりでよったものですから、最後に残った冷コーをグッと飲み干して立ち去ろうといたしましたら、中から珈琲氷が現れたじゃございませんか。 
私と言ったら、この氷に感動すると共にこのコーヒー成分を残したまま立ち去るのはもったいないであるとか・・・、噛み砕いて食べるには氷がでかすぎるであるとか・・・ でも、せっかくだから溶ける氷を待ちつつジワジワと飲んでいこうかであるとか・・・  でも、それじゃ11半頃にオープンする魚貝のランチタイム出遅れて混んでしまうであるとか・・・  頭がいっぱいになってしまいまったのです。
 
 
こういう時に根の貧乏がでてしまいます。
 
 
________________________

20130524

長野県道401号


 
自転車に乗っていて速すぎると思ったことなんて無い。
その気になれば歩く程のスピードで走ることも出来るのだから、そう思う方がおかしいようにも思う。
でも、自転車を曳いて暫くテクテクと歩きました。
春の景色とともに土や草の香りを嗅ぎ、天を仰ぎ太陽の光に幻惑されたい気持ちになったからです。
  


 
  




 
 






 

 
 

  
長野まで来て国道など幹線を走ってもまるでつまらなくて山沿いの道に入りました。 
そこはこれぞ日本の里山という長閑な山村を繋ぐ道。 カーブを曲がるとちらちらと北アルプス、逆方向には白根山、走るだけで癒された。  
 
 
 
長野と白馬を結ぶ幹線R406号と、大町街道の間、山間に通る県道401号及び406号という道。
県道とはいえ関東近辺で言えば林道のレベルの道が長野まで30km続いています。 
振り返ってみれば、高崎から軽井沢、草津、長野、白馬と繋いできた道でこの道が一番良かった。
ところどころにある棚田が水をたたえた時期、そしてスッキリと北アルプスが浮かび上がる午前中また来たいと思いました。
 


Related to:
http://feticizm.blogspot.jp/2013/06/401.html 
_____________________________

20130520

嶺 方 峠



善光寺。 

朝から良い香りが横を通り過ぎていきます。 
私はその瞬間、いつもの口呼吸をやめ咄嗟に鼻呼吸に切り替えている自分に気付きました。
 
 

 

 
 

  
 

 
 

 
この景色。
トンネルに切り取られた額縁の絵ような景色がここにあることを知っていてもやっぱり感動できる。
そんな場所。
 
 
今や長野から白馬は西街道から大町街道経由で行ったほうが余程スムーズにに早く行けるのに、わざわざR406経由で白馬に至る車も多いし、道も良くなくて行程はそれ程楽しいわけではない。
そして、流石名物峠。 車やバイク、自転車が引っ切り無しに来る。 そんなことで人は沢山だし額縁にフレームインするような場所に駐車する輩も絶えないしで手垢の付き具合は半端ない。 そしてその手垢の付き具合はこの5年程でどんどん激しくなっているようにも思います。
 
 
それでも、また来たくなる。
 
 


  
 


峠を白馬に下りおりました。
それは長野名物の蕎麦でもお焼でもなくグリンデルの自家製厚切りベーコンを食べるため。
塩っけはマイルド、 燻の香りが鼻腔に広がった。  
 

________________________

20130517

軽井沢から長野


 
軽井沢から長野 ・・・ R18号を高原を繋ぐ道なのだから爽に違いないという妄想を携えて来たんだけどまるで違ってた。  車は多いし、向かい風の強風がずっと吹いていて大型車が来る度に空気の塊が飛んできてガードレールに弾かれる。 危ない事この上ない。
 
 

道の下調べも無いしそんなものかと思っていたところ、海野宿入口という看板が目に入った。
そこは江戸時代にリタイムスップしたような雰囲気のある宿場町跡。 国の重要伝統的建造物群保存地区だそうで中に戸境の防火壁 「卯建」 が立派な民家が軒を連ねていていた。 今まで走ってきた国道とはあまりにも雰囲気が違っていて砂漠の中のオアシスに辿り着いたような気になる。 国道など主要幹線や鉄道が直ぐ側に通っていてここまで町並みが保存されている事は奇跡的なことだそうです。
 
 
 
   
  
   

 
シンプルに「長野」
海野宿の後R18号を走る続けるのは堪らんとスマホ調査してみましたら千曲川沿いに長野まで千曲川サイクリングロードというのがあったのです。 
渡りに船とはこの事。 これはいい。
 
 
 

  
千曲川サイクリングロードを走っていたら姥捨の看板があった。
そう、ここは棄老伝説で有名な姥捨山である。 
長野自動車道で松本から長野に向かう時この姥捨山から見下ろすように輝く長野の夜景がとても綺麗だったことを思い出して思わず登ってきた。  
 



 
  


 


姥捨地区では市街地を見下ろす様にあるその不整形な棚田が立派でした。
田起こしは終えており、後は水を張って田植えを待つばかり。
月夜にはそれぞれの田の水面に月がその姿を反射する「田毎の月」として、松尾芭蕉や小林一茶など多くの俳人の句の題材にもなったそうである。 そう聞くとまたその時期に来たくなってしまった。
   
 
 


姥捨山からは再び千曲川サイクリングロードへ戻る。
長野までもう距離はなく傾いた日が千曲川にキラキラ輝いていてもう凱旋気分。
志賀草津道路を越えて長野に入る事は敵わずだったけれど、これはこれで良かったと・・・




 
夜、空腹で挑んだ中華。
何度か来ている長野駅近辺でやっとアタリと思える店に巡りあった。
旨い、安い、小奇麗、素晴らしい。
お陰でその後の2週間で3度来ることになったのです。
 

______________________________

20130515

山の天気


 
  
  

 
  
   
  

 
朝、天気予報に反して外は雪。  
気温2度。 更に6度ほど気温が低い渋峠は通行止めになっていた・・・。  志賀草津道路が通行止めとなると長野に至るルートは鳥居峠を越える長野街道か、千曲川沿いを走るか・・・ 
   
 

0℃に近い中、草津から雪の中をダウンヒルする気もなくあっさりバスターミナルに向かいましたらあと5分で軽井沢行きのバスが出発するというアナウンス。  
席につき 「雪だもの仕方がない」 と自分に言い聞かせわずか10分。  
あれよあれよという間に雲は遠のき長野原の遥か手前で外は芝桜が咲き乱れる春の晴天に変わってました。


ちっ。  


__________________________

20130513

軽井沢から白根山へ


 
日本ロマンチック街道っていうらしい。
実は目的地である草津よりも標高が高かった浅間山の尾根を越え北軽井沢に降りれば新緑もまだという木々も多くてまだ初春といった風情であった。




 
 

 
峠の気温は当然低くて下に降りていくに従い頬を流れる風の温度は上がってくる。
行く先には雪を被った白根山、まだ3分咲きの桜の道を長野原へ降りれば視覚的にも遅い春を感じる。
 
 
 




 
東京近辺では1月に咲く水仙、3月終わりに咲く桜、4月に咲くたんぽぽ、そして田植の準備。
普通だとありえない時期違いのものが揃う景色がここにある。
冬が長く一気に来る春のすべてが凝縮していた。

 
 
  
  
草津の宿に荷物を預け春の雪景色を見に勇み足で草津から白根山まで登ってきたらば風が出てきて雲行きが怪しい。 天気予報ではこの日も次の日も晴れ曇りだし、明朝にはこの先滋賀草津ルート、雪の壁の渋峠を超え長野側に降りようと思っていたんだけど・・・
  
  
 

 
 


草津に引き返すと雪が舞いだしてあれよあれよという間に道路はウエット状態に。 
そういえば草津ヒルクライムも雪で中止だったんだなあ。
かと言ってほんの12km、また草津温泉まで降りてくればこうして晴れているのだからやはり山の天気はまるでわからない。
 
  
_____________________________

20130510

高崎から軽井沢へ





 
多分都会に育った人には北国や山の春の喜びというのは、実感していないような気がします。
雪の下から緑の芽を出す草花、アッという間に一斉にいろんな花が咲き、鳥は嬉しそうに謳うその様。  私も北国に住みだして数年、十分おとなになって始めてその 「春の喜び」というものを感じたのを覚えています。 その冬が厳しいだけに本当に、「喜び」 という言葉が相応しい。 
 

 
高崎から横川方面に走ると右手前方には冠雪した浅間山が、左手には岩肌が猛々しい妙義山。 
目線を下に移せば、遅い春という感じで菜の花、桜が咲き誇ってました。










 
--母さん、僕のあの帽子、どうしたでせうね?
ええ、夏碓井から霧積へ行くみちで、
渓谷へ落としたあの麦稈帽子ですよ。
--母さん、あれは好きな帽子でしたよ。
僕はあのとき、ずいぶんくやしかった。
だけど、いきなり風が吹いてきたもんだから。      西条八十作


 
こういう史跡もこの中山道を越えていく理由になる。 
人間の証明でキーになる詩の舞台、そして最後のシーンの撮影地、霧積を超え碓氷峠に至る中山道沿い旧信越本線碓氷線跡。 自転車では走られませんがアプト式路線が現在は遊歩道になっていて、その線路跡が谷筋を越える通称めがね橋は高さ31m、長さ91mは現存する煉瓦造の橋では最大のもの。
 










そしてまた軽井沢を通り抜けるにもそれ相当の理由があった。
ちょうど昼食時に抜ける様にセットすれば、イタリアンからフレンチ、和食まで好きなものを食えるし、その後の美味しいスイーツ休憩も思いのままなのですから。
 
 

自家製ハム、ベーコンの店フレスガッセでスペアリブ、そしてポカポカとした陽の光の下、星野リゾートでお茶と洒落こみました。



_____________________________

20130505

大島二周


 
はじめての大島
東京竹芝からジェットフォイルで2時間弱、降り立ったそこはもう汗ばむほどで、大きく息を吸えば鼻腔に湿ったような香りはどこか南国を感じました。
 
 
 

 
  

 


 
島内一周道路といってもノンビリとした海沿いではなく海抜0mに近いところから+360mまでかなりのアップダウン。 その道沿いには花が咲き誇り、溶岩に巻き付くようにある椿の根、木々は熱帯のように道に覆い被さる。 この道路横むき出しになった地層は噴火と安定期の積み重なり15000年。
そんな景色。  
 
 
 







 
 

 
その島の南の端に江戸時代から風待ちの港として栄えた「波浮」 という漁港がありました。 
人の影はまばら、波の音が遠くに聞こえていて回りには海鼠壁美しく往時の賑わいを偲ぶ建物がそこかしこ。  
 
 
そんな漁港の外れ、美味い寿司屋がありました。 
地方の漁港など行っても東京以下のものを東京以上の値段で食べる憂き目の合う事が殆どだからこんな場所で美味しい寿司は嬉しかったなあ。  
 



 
 

 
 


大島2周目は三原山へのヒルクライム、そしてあちらに見える荒々しい火口お鉢巡りは二本脚で。

ポッカリと空に向けて開く大口はまさに地球の内蔵に繋がる穴という感じでそこらじゅうから蒸気を噴き出してました。  この火口のすぐ近くにはこの地熱温泉を売りにした温泉付きのホテルが有って、この三原山を見渡す露天温泉を頂いて大島を後にしました。



______________________________