20160330

沖 縄 南 城



青い空に青い海。 沖縄本島南城。 

南部は第二次大戦地上戦末期の舞台となったところ。
南下するアメリカ軍に追われ多くのガマ(自然洞窟)では、手榴弾による自爆、アメリカ軍による火炎放射で軍や民間人が多く壮絶な死を遂げた。

そんな沖縄県南部
 
 
   
  
   


那覇から国道ではなく県道86号でアプローチ。 それは1000名もの傷病患者が運び込まれというアブチラガマを見るためでもあった。 さいご海に降りていく斎場御嶽への道はニライカナイ橋
ニライカナイとは東方にあるという生命、豊穣の根源となる理想郷である 
  
  


斎場御嶽 沖縄の王が神に祈りを捧げた御嶽の中でも最もグレードが高い場所。
皆さんが左(東方向)を見ているその先には大海原に浮かぶは久高島
ニライカナイと同じ東方にある神の島。   
   
 
 
   
  
 


国道は海からせり上がる高台を走っていて海は随分下に感じる。
国道から降りていけば新原ビーチがある
海開き前だから人はいないんだけど、他の沖縄のビーチとはちょっと違って・・・
でもそれがいい。

  

 
 

 
沖縄南部海沿いはまだまだ、開発もあまりされておらず静かだけれど、
最近はいい感じのカフェもたくさん出来た
  
 

  
  


さいごは南城市の西端にある奥武島へ渡る橋の袂。
名物、中本てんぷら店。 人がいっぱいいたけどほとんど韓国人だった・・・ 
沖縄マイナースポットで見かける外人は、大抵韓国人。
 
 
名物 ”モズクの天ぷら” から、魚天ぷら,ソーセージ,ハッシュポテト、イカ等全て65円程の安さ。
ウチナーの天ぷらは、内地の天ぷらと比べ、衣が厚く、小腹がすいた時の補給に

 



南は恩納村や宜野湾のようなリゾートホテルが並ぶ地域とはちょっと違う。 
日本唯一の地上戦、その激戦の最後の果だからだろうか? 何か裏寂しげなところがある。 

 
Related to:
http://feticizm.blogspot.jp/2015/04/blog-post_3.html
________________________

_____________________

0 件のコメント:

コメントを投稿