20150829

本土最東端



本土最東端、納沙布岬への道
道路脇では風力発電風車が回り、牛が放牧され、馬が走る
ほぼフラット、 最東端の言葉通り最果て感があった
  
   
 

   
      


  
  
  
 

 
  
   
  
   
   
 
   


子供の頃には ”北方領土” ”島を返せ” という言葉をよく聞いた。
でも冷戦時代が終わると、近くからソ連に攻められる危機が去ったからなのか? 実は特に北方領土にはそれほどの実利はないのか? そんな言葉すらほとんど聞かなくなった。
ここにはノスタルジックなあの頃の空気がまだあった。
  
 
  


根室に戻ってきた。 
実はてっちゃん的にはこの根室駅より東根室駅が重要なのだとあとで聞いた。
根室駅は根室本線の終着駅なのだけど、その一つ手前の東根室駅はこの根室駅の東にあって日本最東端の駅だったのである。  そう聞くと、鉄ちゃんでもないのに何故調べて置かなかったのだと地団駄を踏んだ。    
   
  
 

 
その根室で名物は何かと聞けば ”根室のソールフード=エスカロップ” だという。
元祖エスカロップの店というニューモンブラン。 このステンレスの皿が泣かせます。
筍をいれたバターライスの上にとんかつが載ってる。 そこにトマトベースのデミグラスソース。
実はバターライスが嫌いなのに注文したのだ ・・・ また来たら嫌いなのに食べてしまうだろう。

 
 


”島を返せ” だとか旗まではためかせているのに、青看板にはロシア語表記があった。
半ロシアの旗とは裏腹に親ロシアな青看板。
このアンビバレンツ感が泣かせる。 
バターライスが嫌いなのにエスカロップを注文してしまうアンビバ感覚を重ねあわせた。


 
 _________________________

0 件のコメント:

コメントを投稿