20140330

陸の孤島


 
陸の孤島
文字通り、陸続きなのにそこに至る陸路がなく、船でしかアクセス出来ないような場所。 
三陸や北海道の日本海側雄冬の集落、そして世界遺産にもなった有名所ではイタリアのチンクエテッレなど断崖絶壁にある集落など・・・ 嘗てはそのような場所が割とあった。 そんな場所が今だに日本にある。  西表島の船浮という集落である。
 

 
「船浮に行きたいんですけど・・・」 
30人しか住んどらんし、何もない。あんなとこ何しに行くの?」



真っ黒に日焼けした島人にお願いしてモーターボートで連れて行ってもらう事になった。




 
船着場に着くとすぐその辺だけが、人の暮らしがある場所だった。 
とはいっても30人しか住んでいないから建物もそんなにある筈もない。 
そんなある建物の前に ”イリオモテヤマネコが発見捕獲された地”

 
西表島に野猫がいることは分かっていたそうだけれど、19743月、この地にあった民家の鶏を襲ったイリオモテヤマネコを小屋に追い込みはじめて生け捕りされた。 ちょうど40年前である。 


 


船着場のすぐ近くには太平洋戦争時、アメリカ軍の上陸に備えて作られたベニアボート特攻艇「震洋」が格納された秘密基地が残っていた。 結局、西表島にはアメリカ軍は上陸せず、ここから特攻艇が出撃することなく終戦を迎える。 
  
  
もう80年近く前のものだけど荒れてもおらず、最近のものにさえみえる。 保存状態もさることながら、この地区や自然地形全体が当時とあまり変わっていないことからくる雰囲気によってそう感じたのかもしれません。




 
 

 
 

 



 
どなたかの家の軒先に”イダの浜 500m”の看板。 
実際には500mではなく1kmに近い砂地や岩、石の道、そして小さな切り通しの峠まであった。 自転車では結構大変・・・いや、そもそも道自体が殆ど無い様な場所にロードレーサーを持って来る意味などあったのか?と考えながら自転車を押していると、目の前が開けて弓型の白い浜があった。
 
 
 
誰一人居ない。 何もない。 さざ波の際にはサンゴのかけら。 

陸の孤島


 

__________________________

20140327

西 表 島



この島は独特。 


沖縄県では本島に次ぐ広さであるにもかかわらず、飛行場を作るつもりもなし、アクセスは船しか無い。 そして島内の道路も島半周程しかない。 そのお陰でこの島固有の自然が保たれ日本のガラパゴスだとか言われる。


島の海沿いの道路を走りだせば、片方は海、足元にはマングローブ林、もう一方は人の気配を感じないジャングルであった。
 
 
  



  
  
  

 
  


西表島から遠浅でつながる由布島へ
水牛が曳く牛車、三味線で奏でられる島唄




   
  
  
  
  


夏の日差し、自販機もそう頻繁にもない。 
甘い香りに引き寄せられる。 
黒糖を噛じり、サトウキビ生搾りジュースで喉を潤わせる。 実に美味。


ここではサトウキビを絞って火を沸かして煮詰めている。 今だに糞真面目な製法をしている黒糖屋だった。 でも、この景色雰囲気の中に身を置いていると、こうやって作っていて当然、自然に思えてくるのだから不思議です。


 

 
 

  
  

 
  
  
 
 
  
 
浦内川を船でさかのぼった。 日本のアマゾンという言葉がぴったりの場所だった。
日本最大のマングローブ林。 マングローブというのが樹種ではなく、満潮時には水に浸かる様な場所に生える樹の総称だと知りました。

 
 
  
 
 
   
  
  
  
 
サイクリング、牛車、リバークルーズ、トレッキング・・・ 西表は盛り沢山
その後、さてここじゃ何が名物?と聞けばヤシガニや地元の猪という答えが出てきた。 これ泥地に住んでいる蟹だけど、臭みなど無くこれは美味しい。 殻がゴツい上に身が殻にへばりついているから無言の食事になってしまった。


 
 
_________________________

20140325

Only here for The CAT


 
 
日本で唯一ここだけ

”ねこ”でなく、”猫”でもなく、”ネコ”なのがいい。
 
更に、向こうに見えるプーマのマークみたいな立て看板も色を添えている。
 

 
 
そう。 私はずっとここで待っていたのだけど、注意しなきゃいけないほど出てくるわけないよね。
 
天然記念物だもの。
 
 
 

 
 
 これも日本でここしか無いんじゃないかなぁ




________________________

20140322

小 浜 島



小浜島に向かった。 
NHK朝の連ドラ『チャラさん』 の舞台になったところである。
まあ、そんな場所だから竹富以上に観光地なのかと思っていましたが・・・

 
 
  
  
 






  
  
  
  

 
店がない。
 
何もない。
 
人がいない。

いや、馬がいた。
 
笑いがこみ上げてきた。
  

 

  
 
  
 
 
と、こんな小さな島にもリゾートホテルが2つもあった。 
 
ビ-チに行った。
 
余計に寂しいのは、立派な建物に誰もいないから。 
 
のどが渇いてきた。 自販機がない。 店がない。
  
また笑いがこみ上げた。


 

 
私はこの島を一望できるという山に登ることにした。
 
本当に何もないのか確かめるためだ。
 
また笑いがこみ上げた。
 
何もないわけじゃないじゃない。 大地に筋が付いている。
 

  

  
『何も考えずにゆっくりしたい』 なんて言葉をいう人がいる。
腕時計も携帯も置いてここに来れば、すべてが叶う。 ホテルにさえ居れば食には困らない。
ここは泊まってゆったりするか、来ないかどちらかだろう。 

 



さーて、とgooglemapで現在地をチェックすると、目の前に見える島はあの西表島。
でも、こんなに近いのに直接あちらに行く船はなし・・・
 

また笑いがこみ上げてきた 
こっちの人が陽気に笑っている理由はこれか
確かになんてこと無い



_________________________

20140319

竹 富 島


 
日本最西南端の八重山諸島は竹富島に渡った。
沖縄本島までの距離400kmに対して台湾までの距離260kmほど。 
この時期は雨が多いはずなのに晴れ男の私がいるとこうなってしまう。
この太陽。 まさに南国。
 
 
 

 
 
 

 


 

 
 

 
 

 
 


台風を避ける低い屋根、珊瑚の石垣、白砂の道、

たまに観光客を載せた水牛が行く。 島人のゆったりとした普通の生活に一瞬観光地
 

 





     
 






エビフライ好き。 


沖縄県は日本一の車海老養殖の産地。 竹富島が今ほど有名ではなかった頃、観光以外で島の経済を活性化させようとの試みでエビの養殖が始まったと何かで読んでました。 そして、冬から春が丁度シーズン。 正直なところ、海老味噌半生のエビフライを食べに来たと言っても過言ではない。  

 

まあ、そのエビフライも良かったけど、島の雰囲気が思いの外良かった。 
島の時間に寄り添うにはそぞろ歩きがぴったりで、自転車ですら速過ぎる。
そもそも白砂の道にロードタイヤは埋まってしまって向きませんが・・・


 
 
__________________________




20140316

石 垣 島


 
石垣島を走っている。
彼方には真っ青な海と空だけど、目を近くにやると宮古島とは違っていた。 宮古の海が一番という話は聞いていたけど、きっと石垣島も変わらないだろうって思っていたのだ。 
 
  
サンゴ自体が隆起して出来た真っ白で平坦な宮古島に対して、こちらの砂浜は褐色。 海の逆方向を見れば500m級の立派な山もあるし、そこから流れる河も発達しているから、山からの土砂が堆積するというもっともな理由が推察できる。




    
   



道すがらには南国フルーツの果樹園があってフルーツジュースやパフェを供していた。 本当に海外の南国に行って食べる南国フルーツの味。 まあ、それほど・・・ってことだけどパパイヤのシーズンじゃないから、主役不在なわけです。 
 
 
でも、こんな雰囲気の中じゃ文句もでない。 日差しはキラキラと眩しくて、傘の下はさわやかな風が吹き抜けていくのですから。



   
  
  
   
 
  

 
  
  
  
  
   
  
ここ川平はすごかった。
小さな島が浮かんだ入江、珊瑚由来の真っ白な砂浜、無修正なのにこのバスクリンな海。
ミシュランガイドの評価は眉唾だと思っているけど、ここは伊達じゃない☆☆☆
 
 

   
  
  
  
 
石垣島最北端をなめ、旨いと聞いて来た八重山そばの店、明石食堂にいたる。 
肉厚とろとろなソーキ。 ここまで来ると、麺に乗せるよりご飯と食いたい衝動に駆られる。
箸でも掴めぬほどのトロトロは口のなかでもトロトロと溶けやがる。 
石垣をこの地の料理ソーキで締めた。 
 
 
 
______________________________