20140528

丸山千枚田



何処に行くのも峠ばかりの八方塞がり
峠を越え坂を下ってきたらばこの看板。 正確には今走って来た方向も含めて三方塞がりだけど、看板からすると右折で許してもらいたいが、行きたいのはまっすぐだし、結構疲れていたし・・・ 
要は窪地のボトムに居るわけでやはり気分は八方塞がり。

 
熊野大社に向かう熊野古道。 内陸へ向かう中辺路という道である。



  
   
   
  
 
 
  
  
  


熊野古道と何度か連呼しておきながら、本来の行き先である熊野本宮は横目で受け流した。 
来たかったのはこの丸山千枚田だからである。



江戸時代初期には2000枚以上、バブル期後には農業従事者の高齢化、機械化が出来ない、後継者不足などで500枚にまで減った。 今はオーナー制度などにより1300枚にまで復活している。
千枚田と名乗りながら、千枚に満たない棚田が殆どな中、ここは文字通り千枚以上の立派な千枚田。

 
TPPの議論では必ず出てきます。 農業の効率化、競争力って。
その観点だけじゃこんな非効率しかあり得ない田圃なんぞやってられませんねえ。 ありのままの自然より人間が手を加えた美しい里山の風景。  すべての田に山の水を行き渡らせる水利技術、美しい野面積みのディテールを見せる土木技術、長きにわたって培った文化ですよ。 だから、棚田とあれば惹かれてこうして来てしまいます。  安倍ちゃん頼むぜ。




 
 





山を走りまくって、疲れた体を受け止めてくれるようにゆったりと流れる熊野川。
エピローグは夕日の中を熊野川沿いに再び海へ。 
和歌山、勝浦って天然生ホンマグロが獲れるんですね。 初めて知りました。  



________________________

0 件のコメント:

コメントを投稿