20131029

Shigefusa knife

  
  
 
  
 
ちょっとしたお遣いでかっぱ橋に来ました。 
お遣い用ペティに名など彫ってもらっている時に見つけてもうたんです。 えらいオーラのあるやつ。
もちろん店員さんに言うて手にとった。 そして下さいって言うてもた。
ペティ(奥)の粉末鋼の小奇麗なダマスカス模様もいいんだけど、鋼、地鉄を重ねて鍛えた小刃(手前)のブレードは凄みが違っていた。
 



 
自転車もそうです。 そこそこの物なら何ら問題なくよく走る。 でもそれ以上の差は結構感覚的なもの。


家に帰ってちょっと仕上げ砥で砥いで指先に刃を当てたら指紋を削ぐ様なピリピリする感覚。
このピリピリ感の違いで普通に切れるのか、怖いほど切れるのかわかります。
トマトのジュースが勿体無いからいつも手に持ってスライスするんですけど、透けるほどの薄切りでも攣られることなくサラリと切れ込む。 トマトは切られたことすら気づかない風でヒラリと舞い落ちる。  


切れ味は刃物の種類より砥ぎに依存するという考えは否定しないけれど、同じ砥でもやっぱり違う。 トマトの薄切りは他の包丁でも出来るんですが、素材に噛みこむ切れ”味”。  ”味” と表現されるのもまさにその感覚的なちょっとした違い。 これは確かにある。  


ただ、かと言って、包身自体は厚めに作られているから、硬い素材を切るには抵抗が多くて、オールマイティーというわけにもいかない。 奥が深い。
 
 
 
_______________________________

20131026

秋のメンテナンス

  

ある時期一気に揃えたヘッドセット廻りを弄くる機具。 
なかなか出番もありませんけど、秋なのに天気が悪いそんな日はこいつを使って普段なかなか手が届かないところまで。
 
 
 
特にヘッドセットに関してはキングっていう名前に全幅の信頼でメンテもなおざりになりがち、偶に玉あたりの部分にグリスを塗る位じゃダメだったみたいです。  組み付けてあると不具合も見えにくいですが、単体で回すとあのヌメッとした回転はなくなり少々ジャリっと明らかに異物まで感じる。 ベアリングを露出させてみれば新品時には割とたっぷり詰めてある赤グリスはゴムシールにべっとりと固まり殆ど抜けてました。
ヘッドセットを外したのをいいことに台所用洗剤と歯ブラシでゴシゴシお湯で洗いレスポ水置換潤滑剤、その後グリスを詰めておきました。

 
 
今までスナップリングをキリや、小型ドライバーで取り外していたのですが、特に径の小さなベアリングはなかなか外しにくい。 今回ふと思い出した時計のバネ棒外しなる機具 (上の写真の銀色の棒) を使えば外しやすくてとてもいいです。 




 
そしてこいつ。
カンパがエルゴレバーのスモールパーツ供給を去年既にやめていたと初めて知りました。 これからはたとえスプリング一つの不具合でもアッセンブルパーツ全体を交換しなくちゃいけなくなる。  今回このパーツを使うと手持ちスモールパーツは右エルゴのインデックススプリング一組分しか残ってません。 よって、部品交換する分解は右側をあと一回。  
 
 
シマノのレバーは分解不可だし、最近の電動なんてほぼブラックボックスだし。  
自転車ってそのシンプルさゆえ、素人でも弄くれるところもいいと思うのだけどどんどん世知辛くなっていきます・・・
 
 

_________________________

20131023

Gilles BERTHOUD galibier


 
ある自転車屋で現物をはじめて見た。
これは綺麗。 シェイプ、ディテール、色、どれをとってもエゲレス製とは色気が違う。
色めきだちはするが革のサドルはチタンレールでもとっても重くて、きょうびの軽量サドルと比べれば3倍程の重さ。 重量自体もそうだけど車体を振った時に明らかに上部に慣性を感じるのがいけない。
まあ、そんなことでBROOKS Swallow Titanium は押入れの中で眠ったままだし二の足をふむのだけど・・・








  

 
手にとって見せてもらうとサドルにはシリアルナンバー  2013 - 1111
「やばい、俺が好きなゾロ目や。」 これはまずいパターン。  
そもそも、急いでほしいものでもない輸入したほうが絶対安いものをここで買うのかと・・・、 
おまけに使わない可能性は高いし、1112 だったら買ってないし。
  
 

はたして、今眼の前にあるそれを量ってみればカタログ値320gに対して350g
見た目はずっと軽そうなのにBROOKS Swallow 8gしか違いやがらない。  




____________________________

20131020

ディスクパッド交換



東北の旅から既に2ヶ月経ったって遠い目になりながらメンテしてました。
厚み残り僅か0.5mm未満のまま数百キロ走り、パッドはほぼ幕一枚の厚みにまで減っていた。
いつトラブルが起きてもおかしくないような状況のままいっぱい山走って無茶したなあ。


新しいパッドはオーガニックパッドというのにした。  
Avid は ”オーガニック” て言いたかっただけと思いますけど、あたりが出るまでの時間が短かったから柔らかそうです。 
 
 
 
Related to:
http://feticizm.blogspot.jp/2013/08/blog-post_25.html 
___________________________

20131017

村のPIZZA



また千葉に来た。
細道に紛れ込めばこんな琴線に触れる場所沢山、そして食べ物も
アクアライン渡ったらすぐそこは木更津でアクセスしやすいですし。
 
 
 
  
  
  
  
 
養老渓谷の裏山では千葉らしい切通し、
 
大福山を取り巻くようにある林道、
 
亀山湖をかすめればそこには、 
  
  
 
   
   
   

 
山の道の更に奥まった所にカンパーニャ。  
って言うからにはナポリピッツァなのでしょうが、これは日本人好みのアレンジ。
日本人は具が多いのが好きなものです。 
 
 
 
モッツァレッラ買うてる人ならきっと思う。 値打あるって。 
土手の内側はモッツァレッラ2玉は入ってそうなチーズの海。 当然チーズはこぼれ落ちますから土手の生地もチーズを付けて頂ける寸法。 チーズのクリーミーっけ過多に生トマトの酸味にバジルの香りがよろしくってこれはこれでバランスが取れてていいじゃないですか。  都心辺りのトマトソースの上にちぎったモッツァレッラがチョコっと乗っているものに比べれば原価率は高いに違いない。 
 
 
 
山の中を走り回り糞田舎でこんなものを食べられるだけでも来る価値があるというもんです。
 


_________________________________

20131013

唐 津 の 景


 
 

 
玄界灘という語感とは相反するような静かな海があった。

 
 







 
かっこ良すぎる棚田があった。  (上:土谷免棚田、 下:浜野浦棚田)

 
 

 
 




 
細道の奥には静かな人の生活があった。

 
 


 
 

 
呼子の加部島に渡ると名物の活イカを食べさせる店が何店かある。 
呼子のイカは有名で、冬は真イカ、この時期はヤリイカ。 
これが実に旨い。 活ならではのコリコリとした触感とともに噛み進めると甘み、旨みがじわりと出てくる。 
 

ゲソはその後天ぷらにしてくれてこれが更に甘み引き立ち旨い。 
玄界灘の鯵も活ならではの嫌味のない脂、不思議と旨みまで共存していて、こんな美味しい鯵ははじめてだとおもった。
  
  
 

  
イカはストレスを感じると赤くなるそうで、道理で店で売っているイカは表面が赤い。 
生体反応がまだあるこのイカのエンペラを箸で突くと、突いたところが白から赤く変色しました。 
イカちゃんごめんなさい、そしてありがとう。 


 

__________________________

20131010

伊万里の牛と磁器


 
佐賀を走っていると、わりと頻繁に黒毛和牛舎に出会う。 
牛は人懐っこくて、お顔は本当に可愛くって ・・・ 「なのに」 って自分を攻める。 本当に。
じゃあ、自分が食べないならこの子は生きながらえるのか? そんな風に自分を言い負かして気を紛らわせておるのです。
  
  
  

 


 
 

 
佐賀牛は仙台牛に続いて日本で2番めにその基準が厳しい肉として知られている。 
具体的にはA5と言った基準でいうところのサシのキメ細かさが4 の中でも最上グレードと5 しかない。
要は佐賀牛を名乗るだけで霜降りが立派な高級肉というわけです。(因みに仙台牛はA5B5しかない)
 
 
 
歳を取ると脂が落ちない鉄板焼きでロースは厳しいんですけど気合を入れてサーロイン(分厚い方)。
もう一枚はメニューに赤身と書かれていたがサシが入りまくりのイチボだったのには驚いた。
 
 
ものは伊万里焼に乗ってやってくる。 器が素敵です。
和にも洋にもあうのは中世期から海外にも輸出されてきた伝統から昇華されたものだからでしょうか。  ちょっともたれただけで済んだのは脂身の質が悪くないからか。 アミノと脂の甘みの融合。
炭火ならもっと食いたかった。
  
 
 

 
肉屋の伊万里焼という取っ掛かりから、来る予定もなかった山間の窯元、鍋島焼。

 
藩御用達、幕府献上用の磁器の技術流出を防ぐために伊万里から離れた山間に設けられたそう。
今や薪を炊いて焼き物を焼くこともなく煙突は只のギミックだそうだけど、山に掛かる低い雲と相まってえらく雰囲気がいい。   
  
   
  

  
  

  
サンマが納まる長皿が欲しいだとか、ましな醤油差しが欲しかっただとか、余計なことを思い出し何点か購入する始末。  一点の取っ掛かりから滲みだすように行動が他方面に向かった。  
  
  
  

 
玄界灘の幸をメインに攻めた唐津の夜。

 
盛ってもらったら刺盛りの中に柚子胡椒で食べるオコゼの内蔵の湯引き ・・・ また産まれて初めての食材に出会えた。 


旅の醍醐味。 呵呵
 
 
 
__________________________

20131007

蟹と海老と棚田


    
   

 
再び九州。 テーマは蟹と海老と棚田である。
  
 
博多から坂本峠を越えると九州最大の筑紫平野、そして更に有明海を見渡すことができる。
その日本一の干満差を誇る有明海に目当ての蟹がいる。
  
  
  

 
 

 
 

  

月の引力が見える。
竹崎蟹はその有明海の6m もの干満差による太陽の恵みを浴びたプランクトンや小動物を食べるのがおいしさの理由。

 
平たく言うとワタリガニ。 でもまるで味が違う ・・・ と、言う気意満々だったんだけども、水槽に入っている時間が長かったのか、水分が多くて普通のワタリガニとしても味に深みがない。
おいおい、どうした竹崎蟹。  
 
 
まあ、実際に口に入れないと分からないのだからこれでいいけど、いきなりの肩透かしを食らった。
でも、まだまだ序盤である。 
 
 
 

  
 
有明から崎戸に向かうあいだにある鬼木の棚田。  
アプローチの仕方は重要で、その感動はまるで変わってくる。
木々が茂る山の中を走り峰を越え視界が開けた所にいきなり棚田の風景が開けた。 
 
 
 

  
   
   
   
   
  

  
 
低く垂れ込める雲が幻想的で、湿り気を含んだ空気は青い香りがしていて・・・ 
なだらかな山肌、へばり付く田、その形、支える石積み、これぞ美しい日本の里山。
 
 
400年の歴史を誇る波佐見焼の里のすぐそば。
九州は棚田密度が高い。 米の文化が最初に伝わったことと関係があるのか、日本の棚田100選中35%がある。 
 
 
 


  
   
  
  
    
 
去年に続き崎戸に来た。 もちろん伊勢海老を食べるためである。
冷静に食べれば味は車海老のほうが好きな気もするし、ここの伊勢海老を家に取り寄せたわけで、わざわざ長崎くんだりまで来なくていいのかもしれない。 でも、年に一度位現地まで来て名物のでかい伊勢海老食ってお腹いっぱいになるハレ感が旅に彩りを加えてくれる。  
 
 
もっとも、名物の1kg越級の大物ではなく650g2匹になってしまって非日常感がマストであるハレ感の演出には弱かったのだけれど。。。 やはり、1kg超級とは味噌の量、足の太さがまるで違うのです。 
 
 
 
Related to: 
http://feticizm.blogspot.jp/2012/10/blog-post_31.html
http://feticizm.blogspot.jp/2013/10/blog-post_4.html
_______________________________

20131004

殺 生

   
 
崎戸から大きな伊勢海老が届いた。 
1.3kgだから13年物。  人間で言えば中学生である。
  
 
 
   
  
   
   
  
   

 
しかし、これが困った。 一言で言えば可愛いのである。
窮屈な箱が嫌なようで、蓋を開ければ箱から抜けだそうとする。 角とか脚とか触ると角の辺りから出る大きな声で「ギーギー」と泣く。 目なんてまん丸で愛らしい。 足で歩くし。下手したら大きさ的にも子猫と変わらない気がしてきて、ヨシヨシと撫でてみたりもした。 こうなるといけない。 これから、刺し身と焼き物を造らねばならないのだけど既に憂鬱だ。 水槽を買ってきて飼うことなどありえないからこうやってブログでも書いて気を紛らわすしかないのだけど、やるしかない・・・
 
 
普段色んな物を口にするけど、命を頂いているという意識が薄いことに愕然とした。
無駄なく身はもちろん、殻も出汁をとろう。 
 
 
Related to:
http://feticizm.blogspot.jp/2012/10/blog-post_31.html 
____________________________