20130428

TIOGA I・LINK アウターケーブル



急に変速がグズグズになって、アウター見てみればこの通り。 


NOKON と違い小さな曲率が苦手なことは分かっていたのですが、ちょうどそんな感じの所でアルミらしい壊れ方。 私にとっちゃダイレクト感が増すとかよりも単なるドレスアップパーツ的な意味合いが大きいのだけれど、冷静に見るとポコポコした見た目もヘンテコな訳でドレスアップになっているのかいないのか? 


NOKONより良かった点 ・・・ ほんの少し安いことと、施工時にピースがバラバラにならなかったことくらい。 リユーザブルが決め手のこの手のアウターだけれど燃えないゴミとして出すという暴挙にでてしまいました。 


__________________________________

20130425

なんくるないさ~

   
  
  
   
   
自転車カゴには25cm程のクロダイ、声を掛ければ手にもう一匹。
 
「こんな浅瀬で橋の上からこんな大きいの釣れるんですか?」

「いくらでも釣れるさー。 野菜は作ってるし、自給自足出来るさー」
 
他の場所でも、皆で岩についたアオサを採っていたり南国の自然の恵みの豊さは想像以上。

 
 

 
宮古島の魚介を食べようと漁港に行ったら、ちょうど漁協の前におじさんがいた。

「このへんで魚が食べられる店知りませんか?」
 
「美味しい魚が家にあるからうちに来て食べればいいさー」
 
「えええー?!」
 
行ってみれば、こんなに沢山のご馳走を出してくれた。
 
 
 

「なんくるないさ~」(なんとかなるさ) って言葉、南国ならではと思った。 
こんなに自然の恵みを受けているのを見ると納得がいった。
そして自然から得た恵みを、他人にも与える。
会って5分も経ってない他人を家に招いてごちそうする発想がそもそも無いから警戒までしてしまう。
海外によくある睡眠薬強盗かも・・・ だとか、旅の途中だし話し相手を長時間させられたら困るなあ ・・・ とかありがちなパターンを想像したのだけれど杞憂だった。 それどころか、やたら食べろ食べろと急かすと思えば、午後の就業が昼の1時半からだとおっしゃる。 端から30分しか無かったのです。
単純に家に旨い刺身があるから食べに来たら? って純粋な気持ちからだった。
 
 

日本人は我慢とか努力とか尊ぶ国民性だけど、苗を植えれば一年で3回も収穫ができ、糸を垂れれば魚がつれるこの南国が作り出したのであろう大らかさを見ると明らかにそれとは違う。 雪に閉ざされれば作物を作ることも出来なかったり、冬には死に至らしめる程の寒さもある。 そんな風土が多分に国民性に反映されているのかと気付かされ、それとは間逆な雰囲気に包まれるこの宮古島に憧れました。 
 


___________________________

20130422

宮 古 島

  

 

  
 
 
  
   
  
   
 
   
 
宮古島を一周した。
 
ちらちらと見える海はブルーにもグリーンにも見えてその色だけでも非日常。
 
そして風と海の香、波の音ずっと刺激してくれてまるで飽きない。
 
 
 
   
  
さとうきび畑越しの真っ青な海は何故か懐かしいような物悲しい雰囲気。 
そういえば ♪ざわわ ざわわ ざわわ♫ って歌詞は海が見えるサトウキビ畑を吹き渡る風にサトウキビが揺れる音。 そのままの景色と音があった。



  
 
  
 


腹が減ればテビチのソーキ、暑くなれば雪塩ソフト
 
 



そして、最後は真正面から離陸する航空機を見られる稀有な場所。
伊良部に渡り日本で唯一の民間機のタッチダウン練習場である。
今後、パイロット訓練は終了してオスプレイが配備されるかもしれないとか。
アッという間の宮古島の旅を終えました。
 


________________________

20130419

えっ?


 
「えっ?」 って二度見した。


マスコミによるアンチオスプレイ報道によってなのか? 『賛成』 に知らぬ内に違和感を持っていた。
ここは宮古島。 沖縄では大部分が反対派というイメージを知らぬ内に刷り込まれているのでこの地でこの横断幕には驚きます。 


もしかすると 『賛成』 に異論があるというより横断幕に 『賛成』 って書いてあることに違和感を持ったのかもしれません。 実際、なんだか抜けた感じだし。 やはり横断幕に赤文字といえば 『反対』 とか『国賊』 とか『出て行け』 とかネガティブイメージや破壊イメージなものが圧倒的に多くて、そうじゃないとハリがない。
 
 
ところでこういう横断幕は都内では見ませんけど・・・ なんでやろ。  
 
 
 
_________________________

20130416

Merlin Titanium Bikes Reborn


 
いつのまにか復活してました。 http://merlinbike.com/

 
 
インターネット専業リテーラーCompetitive CyclistMerlinブランドを買ったということで、台湾あたりで安く作らせて名ばかりのアメリカンバイクになるんかなぁと思ってたけど違ってたみたいです。
伝説的なアメリカンバイクMerlin のスピリットを復活させるべく元Merlinの職人やらと協力したっていいますから。 


当然 Made in the USA  Made of US-sourced titanium
 
 
 
今のところ吊しフレームだけみたいですけど、ジオメトリーが目新しいって思いました。 
と言うかアメリカンっぽくない。 特にちびっ子サイズはイタリアンレーサーっぽいジオメトリーで、流石ヨーロピアンバイクを沢山扱ってるリテーラーがプロデュースしただけのことはあるって思うと、CSがちょい長なのはTom Kellogg 時代からの伝統、そしてBBが低めでアダルト風味もする。 このジオメトリーでブランドが目指す方向性を少し感じました。 ヘッドバッジも分厚くて質感高いですね。
 
 
 
Related to:
http://feticizm.blogspot.jp/2011/09/merlin-titanium-bicycle.html
______________________________

20130413

秩父の桜


 
都内では 「桜はもう昔」 という感じですが田舎に行けばまだ見頃、山の上ではまだ桜も開花したところで固い蕾の所もある。
 
 
久しぶりに山の中をたくさん走りました。
  
  
 
  
 
同じ山でも神奈川の山、千葉の山、埼玉の山、それぞれ微妙に違っている気がします。
ここ埼玉は常緑樹の深い緑の中に山桜の薄ピンクがポツリポツリと山肌を彩っているイメージ。

 

こうして山を登ってくれば、山肌を彩っていたのは単に山桜ではなく、ミツバツツジ、梅、木蓮・・・ 沢山の種類の花。 平地では時期がずれて咲く花々も山では一斉に咲き誇るく北国の様。
そして、ここにあるのは単純な自然の美しさじゃなく人の手が入った里山の美しさでした。



  
  
  
   
  
   

 
峠を幾つか越えて秩父市街に降りてくればここも桜が満開。
フキノトウの香りを楽しみながら天ざるなんぞ食うておりましたら、遠くでSLの汽笛が聞こえるじゃございませんか!  
  
  
  
  
 
蕎麦屋を飛び出して直ぐ近くの高架にて、まさにその時SLがやって来ました。
ラブストーリーは突然に。   桜の枝に車体が隠れるとか構図を考える暇もなかった。
SLというものを生まれて初めて撮った瞬間。  
 

 
  
 
SL初体験の体の火照りに思い出したるは天然氷の阿左美冷蔵。
まさかの41日から今季営業が始まったところで、さすがに待ち時間はありません。 
フワフワの氷に濃縮した果実味と練乳の濃ゆいいちごミルク。  うまいんだよなぁ。




 
帰りは山伏峠から青梅、多摩川を下って。
この日一日で水分を2l 摂取して体重が2kg 落ちてました。 
苦手な暑い季節はもうすぐそこのようです。
 
 
 
_________________________

20130410

和歌山ラーメン


 
「徳島港~和歌山港」 航路

 
四国絡みでは今まで大分~愛媛、愛媛~広島、香川~神戸という行程はやったことがあるから残る「徳島港~和歌山港」 航路をセットしました。 
もちろん理由はそれだけじゃございません。

  


 
今から15年ほど前だったでしょうか。 東京池尻に「まっち棒」 という和歌山ラーメンを標榜する小さな店がありました。 豚骨に魚粉という斬新な組み合わせに当時度肝を抜かれたものです。
その後、「まっち棒」の知名度は一気に上がり人気大型店として三宿に移転し「和歌山ラーメン」 と言う名も一気に有名になりました。


今や和歌山ラーメンを標榜する店は和歌山でも沢山あるのですが、実は「和歌山ラーメン」 という呼び名を初めて使ったのは、この東京の「まっち棒」 が元祖だとwikipediaで知りました。 
でも、一つ現地和歌山にあって東京にはないもの。 それが自分にとっては大事です。


それはラーメンの横に鎮座まします鯖寿司。
和歌山のラーメン屋に行けば大抵この「早なれ」 と呼ばれる鯖寿司が置いてある。
「ラーメンの麺」、「ラーメンの汁」、そして「鯖寿司」 という特殊なトライアングル食べ。 
私はこれに目がない。 


これには関西ではうどん等と共に鯖寿司を食べる習慣があるからその流れで・・・という解釈を見たが、もち論その組み合わせも好きできっとその通りなのだと思います。 
  
 
 

 
 
ラーメン屋は2軒ほど梯子しましてタイムアップ、そして北上。
有りそうで無い自転車通行可の車両通行止め峠があります。
和歌山からその大川峠を超えて岬に至れば、関西国際空港はもうすごそこ。 
飛行機に乗ればたった50分で東京の人。 


旅は終りを迎えました。
 
 
 
_________________________

20130407

大 坂 峠



高松からまた讃岐うどんなど食い散らかしながら徳島に向かった。


そのR11号は大型車は多いし、おまけに地図上では海沿の筈が途中までは海も見えない微妙な海沿い。
ようやく海の横を走れると思いきやPM2.5 のせいなのか空は白っちゃけてまるでご機嫌ではなかった。
そこで海沿いをひた走るというのはやめて大坂峠なる峠を越えで徳島市街に入ることにしました。
 
 


 


 
 






ご覧のとおり、その峠道が良い。

  
この道は徳島市街に至る旧道なのか? 途中にはお遍路さんが歩く古道が残っていたり、舗装路の方も車はめったに来ないし、斜度は緩いし、景色は開けているし言うことがない。 


そして峠近く、なんの案内板も無かったパラグライダーの発着場。
引き寄せられれば、このクライマックス感だけでもこの道を選んだ甲斐があると思った。


 

 
峠からはほぼ下り基調で到着した徳島市、
さすがに麺は敬遠させて頂いて、他地域には殆ど出回らないという旬の赤足海老なるものをたらふく食うてやりまして四国を離れることにしました。



____________________________

20130404

小 豆 島

  
 
小豆島に渡った。


大好きなオリーブの国内一の産地だったり、二十四の瞳の撮影地や、古くからある醤油蔵など私にとってはキャッチーな要素がふんだんにあったから一度は訪れたいと思っていた。 
 
 
着いて早々にはこんな素敵な砂州が有って、その頃は観光がてらこの島の海岸線をくるりと回り海の幸でも頂こうなどと悠長なことを考えていたのです。
  
  

  
  
  

  
ところがいつものこと。
海岸線を走リたい気持ちとは裏腹に偶々出会った「中山千枚田」 (内陸の山の方に→)の看板の方に何故か曲がってしまった。   
 
 
ここの千枚田と言ったら裾野の方から見応えがあって、更に見上げれば上へと導くように無数の段々が築かれてるんです。 当然上に登ればさらに素晴らしい景色を見下ろせるんじゃないか? と、どんどんヒルをクライムする羽目になる。
 
 
南国まで感じさせる砂浜から、こんな山がちの千枚田までわずか10km余り。 急峻な日本の地形をぎゅっと凝縮させたスケール感がよかった。

   
  

  
そして千枚田ヒルをクライムして小腹が減ってきたその真横に素麺の工場があって麺を乾かしているのが見えた。 ここまでの道すがらそこかしこに素麺工場があって、小豆島は素麺の名産地だったのだ。
決まった。  朝からうどんを3 杯も食ってまた麺はなかろう?という気持ちとは裏腹に素麺を食うことになぜか決まった。
 
 
 
   




千枚田で素直に海岸線に下れば良いのに、どうせならと調べもせずにあとちょっとだろうと登ったのが悪かった。 10%以上の坂が延々と続く山道、汗だくになりながらまだかまだかと登ってみたら標高800mもあった。  ちっぽけな島の山が800mもあろうとは誰が思おう?  しかも飯屋などどこにも無いではないか!



 

 
きつかった。 辿り着いた途端へたり込んだ。
這々の体で辿り着いたその展望地からは二十四の瞳や醤油蔵がある内海湾沿いの街が見える。
「おかしいなあ、海沿いをクルージングして今頃あの辺のカフェでスイーツ休憩してた筈やのに・・・」
時計を見れば何も食わぬまま既にランチの時間など過ぎていて空腹は限界に近づき、ドリンクも底をついていた。
 
 
できることといえば手すりもない石盤に腰を下ろし、ランチ時を過ぎても素麺を食べられる場所を検索すること位である。
 
  
  


なかぶ庵  ここの素麺は今までの人生で一番だった。


普通の素麺じゃない。 乾麺じゃなくって生麺。 香りもあるし、歯ごたえがまるで違う。
後で見ると食べログには完全予約制とあったが飛び込みで何とか食べさせてくれた。
もう店じまいする頃の様だったけど、余程疲れてみすぼらしく見えたのだと思う。

  

オリーブ園も、二十四の瞳も、海の幸も ・・・ 何一つ初めのプランを達成すること無く帰りの船の時間はギリギリ、そのまま珈琲休憩も無くカッ飛ばして出港1 分前の船に飛び乗った。 
気持ちとは裏腹に自由に従えば辛いこともある。



____________________________

20130401

At the end of




みなもでは花吹雪の墨流し。
桜は散り際が美しいって、なになに散った後も。

 

地上の幾何学的な世界とは逆さまに水面に写った世界はゆらゆらと、そしてあちらに見える目黒新橋のアーチも気が効いてる。



  
 
今年こそ、目黒川の桜を船から見る目黒川クルーズというのに乗ろうと思っていたけど今年も乗り損ないました。  ちょうど、 目の前ではそのクルーズ船が転回する時でサーチライトで照らされた水面の花びらが渦を巻いてます。  
 
 
日本ですねえ。  
 
 
______________________