20130831

日本海沿い


 
朝から雲ひとつなく夏の太陽が照りつけていました。 
今日はずっと右手に日本海の水平線を望みながら走る日。
一生で一番長く日本海沿いを走り続ける日になるかもしれない。  

 
   


宿から数km、秘湯 不老不死温泉があった。
海岸の岩場に湧きだす温泉。 夕日を見ながら入るのに最高なのだけど今は朝


そうそう来れる場所じゃないし、ここで温泉に入らなかったらもう来ることもないかもしれない。
そんな風に思いながらも、10kmも走ってないのに結構汗だくで温泉は気分的に負け。
後ろ髪引かれつつこの場を後にしましたけど今頃後悔しているのは完全に負けだと思うのです。 
 
 
 

 
 

  
更に不老ふ死温泉から程なく走り、海岸線から結構な山道を白神山地の方向に登ると幾つもの池がある。その中で一番奥にあるコバルトブルーの水を湛える池。  その青池なる池を見るためだけに小一時間も掛けてここまで来た。 
 
 
そこで日本一周中の埼玉サイクリストと会った。「自分の自転車20kgあるっすよ。 せっかく登ってきたのにこれだけかぁ・・・」  図らずも俺の気持ちを代弁してくれた。  ここは車で涼しげに来たい。
まあそれが理由じゃないが、この後はもうひたすら青い海と空と食に専念することになる。
 
 
 

 
 

  
    

  
 

  
  

   
   

  
 

  
青い空、青い海。 なのにそう思って見るからでしょうか?憂いを含んだ感じが日本海。
地図上では海沿いを走るR101だけど、国道からそれれば更に海側には静かな小さな道がある。
そんな海沿いの小さな道を丹念に選んで走った。
 
 
 
そんな道すがら干してあったイカ。 焼いてもらって食べた。 
イカ一杯はあまりにも多いけど全部食べてもうた。
干して凝縮した味が実に旨い。
  
  
  

 
県境を超え秋田に入り海沿いの集落で道を確認していたら、横で話しだすおっちゃんがいた。
その話は自分の生い立ちから、庭に連れて行かれ盆栽の話まで。 このパターンは大抵長くなる。
「昔漁師をしていてここで住むのは最高。 盆栽もできるし魚貝は旨いし 」
訛りすぎて殆ど言ってることがわからないのけど、そんな感じのことを言ってることは分かった。
 
  
 

  
 

 
と、おっちゃんの話を聞いていたからこんな素敵な看板に出会えば入ることになる。 
イカでお腹いっぱいたけど、メジマグロ、ワラサ、ボタン、ホタテ、アワビと豪華なお重を頼んだ。
そういえば、ここ八森では日本海の生本マグロの水揚げもあると言ってたなあ。 
この天然アワビも味が濃くて本当に旨い。 
そして後で出てきた鮑の肝はとろりと濃厚でまるでクセがないもの。 こんな肝は初めてだった。
またしても完食してしまった。  
 
 
 
天然アワビとわざわざ書いてあるので、アワビは養殖しているの?と大将に聞けば青森白神の辺りのアワビは稚貝を放流しているらしい。 アワビを養殖している事すらまるで知らなかった。




 
 

 
 

 
地図を見ている分には漠然とずっと海沿い気分でいたけれど現実には八森を超えてからは徐々に海から離れていく。 さらには市街地能代に近づくと共に車も多くなる。  日はまだ高いけれど途中油を売りすぎていた様で既に夕刻5時。 見るべき景色も無くなって黙々とペダルを回すことに専念していた。
 
 
 
八郎潟干拓地に入ると宿泊地である大潟のホテルまでだだっ広いまっ平らな平原。
朝の水平線とは打って変わって、夕方には地平線すら感じるような場所を走っていた。
気づくと正面には傾く太陽に地平に向かってまっすぐ輝く道。 
この日の旅のエピローグにピッタリの情景だった。


 
__________________________________

0 件のコメント:

コメントを投稿