20121031

長崎崎戸の伊勢海老



カニじゃない。 伊勢海老の足。 太い。
伊勢海老なんて食べるところが殆ど無いなんて過去の概念は吹き飛き飛んでいった。
それもその筈、伊勢海老の刺身を頼んで4~5切れの身しかないクラスだと100g+位、、千葉や伊豆あたりで一番でかいサイズでもせいぜい400g 位、なのにこの崎戸といったら1kgクラスは当たり前で、ヘタしたら1 匹で10匹分。
でも、その満足感とは裏腹に海老には大変申し訳ない気持ちになる。 
それは、、、








黒毛和牛でも、生まれてから屠殺されるまでの期間はせいぜい2年半程度。
なのにこの海老ちゃんと言ったら、約11 年も海の中で生きてはったって言います。
自分は11年もの人生、いや海老生を絶ってまで我が血や肉にする価値のある人間なのかって。
 
 
 
11年というのは伊勢海老は1 年で約100g成長するそうで、重さが1100g11歳と。




 
 


と言いつつ今度は1.2kg級、すなわち12歳の海老ちゃんがのったスーパー崎戸丼というのを食べた。
でも、これには海老の12年もの命を絶ったという後悔というか後ろめたさはなかった。
それは2 度目だったからじゃない。

 
 
蒸した身を頬張り、そして足を解体してわかった。 
前日に私の目の前で命が絶たれたあの海老ちゃんのブルンっとした身とはまるでちがう。
水分は抜け、足はスカスカ。  
「前もって予約してください」 の意味を悟った。 解凍しなくちゃいけないってことかって・・・
後悔とか後ろめたさが薄れたのはそれを悟った時。
元々死んでたんじゃん。





 

 
長崎県は崎戸に向かう大島大橋。
日本一でっかい伊勢海老を食わせるところと調べて来たけど、本当に伊勢海老と青い空とグリーンの海しかない。   福岡や大分の奴に話しても 「崎戸?聞いたことない」  長崎の年配の方に話してようやく「子供の頃行ったことあったかなぁ・・・」 とか、そんな場所。
だが、それがいい。 
 
 

Related to:
http://feticizm.blogspot.jp/2013/10/blog-post_7.html
_____________________________

20121028

軍 艦 島

  
 
長崎、三菱高島炭鉱端島鉱業所。 
その見た目から 「軍艦島」と呼ばれているけれど島を一周ぐるりと回れば軍艦に見える角度は寧ろ少ない。 でもこの瞬間、この角度、そして偶然に現れた雲まで味方をしてくれて本当に煙を吐いて進む軍艦にみえた。



  
  
 
  
  
  

 
  
  
  
 


    
   
 
正面に見えるのは今から100年近く前の1916年位建てられた日本最古のRC造の集合住宅である。 
1960年には人口が5,000人を超え、人口密度は83,600/km2と世界一になった。  数十もある集合住宅棟は複雑な通路で繋がり、売店や保育園、学校、警察派出所、郵便局、映画館、プール、更には屋上には畑や水をはる田んぼまであって、これは日本最初の屋上緑化であった。
 

 
1974 年炭鉱の閉山後のこの島の建物の崩壊は殆どは人為的なものではない。 台風の通り道にもなっているこの場所は風雨の影響が凄く大きくて台風の時には南西側の防波堤は10m以上あるにもかかわらず飛沫は150mを飛び越えて島の逆側にまで到達するほどだという。
実際、2009年に観光客の上陸が認められて設置された遊歩道の一部が今年の台風で既に崩壊していた。


  

 
ところで軍艦島と呼ばれるのは外観が三菱長崎造船所で建造された 「戦艦土佐」 に似ていたことからだ説明されていた。 確かに見た目は軍艦に似ているが ”土佐”と限定するからには相当似ているからだと思いきやどうも違う。  Wikipediaによると ”戦艦土佐はワシントン海軍軍縮条約により廃艦となり、19227未完成のまま海軍に引き渡された。その後船体は標的艦として使用されることが決定し、1925年館山沖で沈められた。” とあって写真を見れば上部構造物が低い船体で軍艦島とは似ても似つかない。 
 
 
 
更には、最初にこの島を軍艦になぞらえたのは大正5年の大阪朝日新聞だという。 この年にはまだ戦艦土佐は起工すらしていない。  ならば何故 「戦艦土佐」 の名前が出てきたのか?  
やはりその見た目よりも島の運命をこの戦艦の悲運になぞらえられたからだろうか? 



____________________________

20121024

大弛峠から長野八ヶ岳



青看板には ”長野県 ・ 大弛峠” とある。
この舗装路で行ける日本で二番目に標高が高い峠は塩山から登ると距離34km、標高差約2000mもあって結構たいへん。  なのに登り切った時にはいつも爽快感どころか納得いかないような、心地悪いようなそんな気持ちに襲われる。
 
 
 
峠を挟んで向こう側は全面ダートでロードレーサーの場合押し下りでもしない限り、登った峠を引き返すことになるし、更には峠を超えて向こう側は長野県、川上村、野辺山といった素敵な場所が控えているのに指を咥えて引き返す羽目になることがより納得いかない感を助長してくれていた。 
そもそも、峠は”PASS ” と言うくらいでパスもしないで引き返すなど行動としておかしい。

 


  
 

 
 

    
   

 



そんなことで、長野県側のダート路を降りるためにシクロクロスで来たけどこれが辛かった。  フレームは重いしタイヤ、チューブの重さもロードのざっと2倍の500gもあるから30km以上もある登りにはジワジワきて、まるでトリモチでもついたかのようにスピード上がらない。 途中でブレーキを引きずりながら走っているんじゃ?と何度か確かめたほどだった。 

 
 
まあ、そんな時には自転車を降りては山々を見渡し爽やかな空気を吸うのがいい。 
高度が上がればそれに従い色づき始めた木々が目まで楽しませてくれた。
そして、這々の体で辿り着いた峠の茶屋では具がタップリのカレーを食うのである。




 
 


 


そしていよいよの長野側ダート路のガレ様はなかなかのものだった。
横の崖からは常にガラガラと小石が落ちてきて、ちょっと天候不順になるとすぐに通行止めになるのも頷ける。 石の粒度は10~30cm程の鋭利な岩までゴロゴロしているからずっと路面を見ていなくちゃいけなくて景色を楽しむことなど出来ない。 おまけに、斜度も急なところが多いからブレーキを掛けてずっとハンドルにしがみついていた。  


そんなわけでリジッドに32c程度のタイヤではダウンヒルを楽しむどころではない。 おまけに山梨側の登りもロードに比べるとずっと苦しいわで、このプランはなかなかホロ苦いものになってしまった。 
 
 
 

  



 

 
ダート路を下り降りた野辺山は穏やかで、正面に見える八ヶ岳が綺麗で癒された。
大弛峠を超えて膝が痛くなってしまっていたこともその癒やしに拍車をかけた。 じつは違うプランで動いていたのだけれど、それはそれ、これはこれ。  もうすっかり気が変わりペダリングのモチベーションを支えているのは八ヶ岳高原ラインにある仙人小屋のキノコ定食に変わっていた。 去年は店に到着した時点でキノコが売り切れ。 一年越しのリベンジになった。
やはり天然のきのこの香り、そして滋味は格別である。  

  
 
ただ、長野の天然キノコのセシウム線量が100ベクレルを超え市場への出荷が控えられているという最悪のニュースを長野に入ってから聞いてしまった。  「長野にまで原発の影響が!」 と驚き、放射能の影響でもしここでキノコが食えなかったら・・・ と東電への怒りがメラメラ湧いた。  結果的にはこうしてめでたくキノコにありつけたんだけど、これが基準値以上か以下かはもはやどうでもよかった。 2000m級の山を超えプランまで変更して八ヶ岳くんだりまで来たのはこのキノコを食うためだったんだから。


 
_______________________

20121021

富士とコスモス



やっと富士がよく見える季節になってここに来た。
夏の期間は本当に富士が綺麗に見る日は少なくて、今年は6月から8月までの3 ヶ月で一日中富士が見えた日はわずか3日しかなかった。 それくらい夏と富士は相性が悪い。
 
 



県道150号から国道138号で籠坂峠方面へ行くその先に見える富士には早くも雲がかかり始めていた。 天気予報では今年の最低気温と言ってたけど日差しは強く気温が上がる。 南側には駿河湾という無限の水分供給源があるからどうしても雲がかかってくる。




  
 

 
御殿場から山中湖くんだりまで登ってきたのは、旨いハンバーガーでも食ってコスモス畑越しの富士なんぞが見られたらそりゃいいだろうと。


でも、午後になると雲がモクモクな上にやっぱり逆光で富士に露出を合わせると花畑は暗く、花畑に合わせると富士が真っ白になる。  かと言って順光狙いでこの場所に午前の早い時間に到着するには泊まるか夜中に家を出るか ・・・ と、なかなかハードルが高い。 





一日中走ったその帰り、尾根幹で見た空は凄いいわし雲。
この翌日は天気予報では晴れ予想でしたが、次の日は雨になりました。
いわし雲が現れた後は天気が崩れることが多いそうで、気象庁より雲予報の方が正しかったわけです。


 
___________________________

20121018

God in the detail - Firefly bicycles

  
  
  
  

Fireflyのドロップアウトのデザインに元Merlin 出身の片鱗感じるわぁ
節制の効いたデザイン加減はMerlinの方が好みやけど。
 
   
   
 
 
 
via  Firefly Bicycles

  
と思ったら、新しいエンドが載ってってます。
やり過ぎ感もあるけど、大胆にCNCカットした上にこれだけのテーパー加工してる例ってあるかなあ。
見れば箇所によってテーパー幅を変えていて明らかにただのテーパーにあらず。 角度によってテーパー部に反射する光がうつろうことまで考えてるでしょうよ。  自分だったら、デカールとテーパー部をちょっとばかりポリッシュして ・・・ とか想像広がる。 
  
 

無塗装、無垢、そして素に美しいチタンだからこそのディテールまで抜かりないスペシャル感はこの手のフレームを選ぶ人には訴求ポイントになるだろうし、それがブランディングにも繋がるでしょう。  実際のところ、私も全体との比率で言えばとるに足らないディテールに引っ張られその物が欲しくなることが結構あります。  
  
  
 
  

  


 
エンド部だけじゃなく、そこから繋がるチェーンステーの形状、溶接の始点、終点まで気が遣われていたり、蓋なしのスマートな内蔵ワイヤーのイン&アウトレット処理  ・・・ 作り手の性格とか考えはプロダクトに現れるし、そのプロダクトからは作り手のパワーが溢れ出る。  決して装飾的である必要はないけど、沢山のディテールで迫られると好き嫌いを超えて力を感じます。 
 


”God is in the details”  Mies van der Rohe


Related to : http://feticizm.blogspot.jp/2011/10/firefly-bicycles.html
          http://feticizm.blogspot.jp/2012/04/blog-post_27.html    
________________________________

20121015

乗鞍スカイラインの成り立ち



乗鞍スカイライン ・・・・ その成り立ちを初めて知った。 
只の観光道路として作られたものではないのです。
 
 
 




 
 




  
高山の資料館に以下の説明がありました。


昭和16年、陸軍航空技術研究所が立川から乗鞍岳に移されました。 飛行機が5000m以上の高度を飛ぶためには精度の高い過給器と、零下40度以下での性能研究が必要となったためです。(中略)
平湯から頂上まで16kmの道路を陸軍を設置し、それは戦後乗鞍観光へとつながったのです。 


_____________________________

20121012

乗鞍 剣ヶ峰



3000m以上の山にあって乗鞍の主峰である剣ヶ峰はもっとも気軽に登れる山の一つ。
標高2700mの畳平までロードレーサーで至ることができるし、そこから頂上までもMTBシューズで十分登れる。(岩だらけで靴は傷だらけになりますが・・・)




  
  

 
 







 
平湯峠の乗鞍スカイライン入り口の掲示板には ’畳平の天気  晴  気温2度 微風’  とあった。
さすがにその気温では畳平のお花畑から剣ヶ峰までの登山道では草紅葉になっている。
頂上までそぞろ歩きでわずか90分、日差しは強く、登っている限りは半袖で通せた。
 
 
 

 
登山を終え帰りの乗鞍スカイライン16kmの長いダウンヒル。 
コーナーで横ずれするような変な挙動。 クラッシュしなくてよかった・・・・  
タイヤも売ってるところないし、あっさりと自転車を降りました。 
あの辺りのバスは意外と自転車載せてくれます。
 
 
 
_________________________