20120830

ツェルマット サイクリング



インターラーケン(Interlaken)からツェルマット(Zermatt)に移動した。
ここからはゴンドラで3800mまで駆け上がり峠を超えてスキーでイタリアに入国なんてことも出来る。
EUが統合する前はパスポートを持ってスキーに行ったのだ。
スイス側に降りてくれば幅もよくわからないほどの広大な氷河を滑り標高差2200m、20kmに及ぶコースもある。 そんな場所。



残念ながら最近の異常気象でツェルマットですらマッターホルンを望める日が少ない。  おまけに雨まで降ってサイクリングどころではなかったのだけれど、ちょっとした雲の切れ間を縫ってマッターホルンにもっとも近いゴンドラ駅シュヴァルツゼーSchwarzsee 標高2582mに向った。
 




    








  

   




    



   
スイスはいい。 レンタルショップに行けばペダルレス立ち乗りバイク、ハードテールから、フリーライド系フルサス、完全なダウンヒルバイクまで、そして脛ガードからフルフェイスヘルメットまで選ぶコースによって好きな物を借りられる。  



穏やかな山道をトレッキングバイクで走るのも楽しいけれど、このマッターホルン周辺の荒々しい景色の中をMTBで走るのもいい。 3100mのゴルナーグラートまで上りマッターホルンを望みながら長い長いダウンヒルを楽しむつもりであったが、天候不順と観光局員の進言でシュヴァルツゼーからのジープロードをツェルマットまで下るルートを取った。  

 



ツェルマットは天候悪く予定より一日早くスイスを離れることにした。
スイス最後の晩餐。  ツェルマット近く、世界最高標高地で栽培されるぶどうによって作られる白ワインのハイダ(Heida)。 こいつは日本では手に入らない。  もちろんお供はスイス料理の定番で。


_________________________________

0 件のコメント:

コメントを投稿